エクストリーム




SKANUNU スカヌーヌー


SKANUNU CLEANER LUBE スカヌーヌー クリーナー ルーブ SKANUNU CLEANER LUBE 1個 59ml [BGSKACL2]

価格:¥ 1200
スカヌーヌー ベアリング洗浄&潤滑オイル 59ミリリットル入り


SKANUNU 100 LUBE スカヌーヌー 100% ルーブ SKANUNU 100 LUBE 1個 29ml [BGSKALB1]

価格:
スカヌーヌー ベアリング潤滑オイル 29ミリリットル入り





スカヌーヌー・ベアリングクリーナーと潤滑油(BCL)とは何か?

スカヌーヌーBCLは革新的な新商品で、脱脂剤、錆び止め、腐食抑制など全てに効果があり、1年を通して簡単にベアリングをメンテナンス出来るよう開発されました。

スカヌーヌーBCLの特徴

  1. ABEC11製のビルトイン、Swiss、Ceramic等、ベアリング内全てのコンポーネントをクリーニングし、腐食抑制も行います。
  2. 全ての鉄製のコンポーネント(パーツ)を腐食抑制でコーティング。同時にゴム(又はプラスチック、ナイロン)部分を痛めずに水や砂のみを取り出す事が可能。
  3. 使用後も油膜を保ち続けますので、いつまでも軽快なライディングを楽しめます。


スカヌーヌーBCLがどのように働くのか。

我々を取り巻く環境の中には様々な要素がありますが、ベアリングの性能に影響するものは「油」、「砂」、そして「泥」などです。

図1)そのような汚れはホイルの中、又はベアリングに蓄積します。
スカヌーヌーBCLには脱脂剤、金属保護剤、潤滑油の3つの要素から形成されてます。


図2)スカヌーヌーBCLの分子が汚れ(soil)へ向かいます。


図3)汚れにコンタクトしたスカヌーヌーBCLの分子はベアリングの表面にてすぐさま一列に並びます。


図4)幾つかの科学反応により、スカヌーヌーBCLの分子が汚れを浮かし始めます。(注:ベアリングの表面積はとても少ない為、指定された量より多くのスカヌーヌーBCLを使用する、又は1分以上スカヌーヌーBCLに浸ける事は逆効果/(次のステップに影響する))に成ります。
同時に保護、そして潤滑分子が表面の保護を開始。


図5)余分なスカヌーヌーBCLを拭き取った後、分子の複合はベアリングの表面に付着します。


スカヌーヌーBCLはどのような気象状態でも使用出来、効果を発揮します。温度などにより性質が変わる事はありません。もしスカヌーヌーBCLが凍り付く事があれば、室温へ戻せば元に戻ります。

スカヌーヌーBCLは湿度を含んだ石けんのような物なのです。石けんはあなたの体から汚れを取り除きます。石けんを洗い流すと肌は綺麗になり、保湿成分により肌はスムーズになる。スカヌーヌーBCLベアリングにとって石けんのような役割を担っているのです。




スカヌーヌーBCLを使いベアリングを洗浄する方法は2つ有ります。高速洗浄とじっくり洗浄です。

高速洗浄(On-The-Fly)

雨/雪の前、もしくはレースの前など時間の無い時に適しています。


ステップ1
少量のスカヌーヌーBCLを直接ベアリング(4輪全て)に注入します。(この際ウィールをデッキから外す必要はありません)


ステップ2
それぞれのウィールをそれぞれ手で回します。その際こぼれた余分なスカヌーヌーBCLを拭き取る事。余分なスカヌーヌーBCLを全てぬぐい去るのは無理ですがその後、実際に乗る事で遠心力により、更なる余分なスカヌーヌーBCLははじき出されますので、その際も余分なスカヌーヌーBCLを拭き取ってください。


じっくり洗浄(Deep Clean)

べアリングをベストの状態にするには、手入れに多少時間がかかります。スカヌーヌーBCLを使用する際、この「じっくり洗浄」が一番適しています

それでもスカヌーヌーBCLはあらゆる機能を一つにまとめてあり、それにより従来の商品よりは大幅に時間を短縮できている事を特筆したいと思います


ステップ1
スカヌーヌーBCLと全ての工具を揃えましょう。クリーニング用の布(2)、スケートツール、安全ピン、スタンドと液体を入れる事が出来る小さなプラスチック製の容器。


ステップ2
デッキをスタンドに乗せ、各ウィールを外してください。自分で更に良い方法があればその方法で


ステップ3
全てのウィールを外したら、トラックのシャフトを利用してベアリングをウィールから取り外します。自分で更に良い方法があればその方法で


ステップ4
ベアリング・カバーが取り外し可能なラバーシールドの場合は安全ピンなどを使い取り外します。メタルシールドの場合は取り外し不可。自分で更に良い方法があればその方法で/又ベアリング・カバーを外す事に抵抗のある方はこの部分をスキップし、ステップ5の行程を行ってください


ステップ5
少量のスカヌーヌーBCLを布につけて、トラックのアクスル部分を拭いてください。これにより汚れが取れて、摩擦の少ない接触面が生まれます。


ステップ6
全てのベアリング、スペーサー、スピードリングを用意した小さな容器に入れ、ベアリングの淵迄スカヌーヌーBCLを注入します。今回はスカヌーヌーBCLを四分の一程を消費しました。(人差し指の部分迄中身が減りました)注:スカヌーヌーBCL以外の物を同時に使用しないでください!


ステップ7
容器の蓋をし、1分ほどベアリングをスカヌーヌーBCLに浸けてください。(注:絶対に一晩浸けないでください!)この1分間の間にスカヌーヌーBCLがそれぞれのベアリングの隙間まで入り込みます。蓋をした状態で容器を振る事により、ベアリングから汚れが抜けて行きます。蓋を開けると、オレンジ色だった液体が濃いオレンジ/ブラウンに変色してる事に気がつくはずです。これは取り除かれた汚れによるものです。


ステップ8
容器からベアリングを一つずつ取り出し、ベアリングのリテーナーが上になるよう、綺麗な布の上に並べて行きます。この時点では、余分な液体を取り除く事が大事なので、ベアリング・カバーがついたままでも、この状態で並べてください。スペーサーとスピードリングも布の上へ並べてください。


ステップ9
ベアリングの外と中を丁寧に一つずつ布で拭いてください。ここではスカヌーヌーBCLを拭き取るのではなく、余分スカヌーヌーBCLを拭き取る事が最大の目的です。拭いた後でもベアリングがヌルヌルするのはスカヌーヌーBCLが薄くコーティングされた証拠で、これが最高の状態なのです。

ステップ10
余分なスカヌーヌーBCLをベアリングスペーサーとスピードリングからも一つずつ丁寧に拭き取ってください。


ステップ11
ベアリングのカバーのみを再度容器に入れ、容器を振ってください。(注:もしこの方法でベアリング・カバーをクリーニングしたくない場合はこの行程は飛ばしてください)


ステップ12
最初に使ったスカヌーヌーBCLのしみ込んだ布でウィールを綺麗に拭いてください。


ステップ13
ベアリングのカバーを元に戻します。


ステップ14
ベアリングとスペーサーをウィールに装着し、トラックにマウントしてください。(スピードリングも忘れずに!)


これで全行程完了です!これによりあなたのベアリングは完璧に潤滑されました。この時点で再びスカヌーヌーBCLを使用しない事!滑らかになったその乗り心地をお楽しみください。



クリーニングに関する注意点


もしスカヌーヌーBCLが洋服などについた場合。心配は無用です。いつものように洗濯してください。

毒素を含むガスが発生する可能性がありますので、絶対に漂白系の液体と混ぜないでください!又その他の薬品と混ぜる事により予期せぬ化学反応が起きる事もあり得るので、スカヌーヌーBCLと混合で使う事は止めてください。

スカヌーヌーBCLを目に入れたりすると、炎症を起こす可能性があります。すぐに20分〜30分水で洗い流し、専門医の診断を受けてください。

肌にスカヌーヌーBCLがついた場合、皮膚が荒れる場合があります。専門医の診断を受けてください。

霧状のスカヌーヌーBCLを大量に吸い込んだ場合、呼吸困難になる場合があります。空気の良い所へ移動し、専門医の診断を受けてください。

スカヌーヌーBCLを飲み込んだ場合は内蔵に炎症が起きる場合があります。無理して吐こうとはせず、大量の水を飲み、専門医の判断を受けてください。

最後に。ベアリングをバラバラにする事に抵抗がある場合は絶対にベアリングをばらさず、ウィールに装備しまま(高速洗浄)スカヌーヌーBCLを注入してください。

ウィールからベアリングを外した事により、なんらかの部位が破損した場合、当社では一切責任を持てない事をご了承ください。


SKANUNU 正規販売店




営業日カレンダー



CARD ICONPEACE
スケートボード・ロングスケートボード・ロンスケ・通販ショップ・エクストリーム・有限会社ワイアンドティー Y&T INC. TOKYO JAPAN sales@xtreme.jp